化学工業工場

化学工業工場は、化学反応を用いて物質を製造・加工したり、その物質を材料として製品を製造する工場です。安全性、品質管理、環境配慮が重要で、適切な設計と管理が求められます。従業員の安全と環境保護が最も重要視されるため、高度な工場設計技術が必要です。

商品のポイントPOINT

安全管理

化学工場では高温・高圧・有毒な物質を扱うため、特に危険性の高いリスクがあります。施設内での事故は、人的被害や経済的損失だけでなく、周辺環境への影響も大きくなるため、未然に防ぐ対策を講じることが厳格に求められます。建物自体が特殊な仕様になるため、必要になる専門知識も高度になりますが、化学工業工場実績が豊富な弊社であれば安心してお任せいただけます。

環境配慮(省エネ・ZEB化)

化学工業工場は、化学物質の製造や処理を行うため、大気汚染や水質汚染などの環境問題への影響が大きくなります。また、周辺環境悪化を防ぎながら工場運営の経済性も担保するために、廃棄物の削減やリサイクル、省エネを実現できる最適な設備のご提案もいたします。また、持続的な工場運営を実現することは非常に重要となるため、ZEB化に向けた提案も積極的に行っております。

高生産性を実現する設計

化学工業工場おける生産導線、機械設備などのレイアウト計画は、工場の効率性や生産性に大きく影響します。用途や扱う化学物質によって必要になる設計的配慮が異なりますので、丁寧なヒアリングをし、生産効率が最適化されるご提案をさせていただきます。

BCP対策

持続的な工場運営をしていくうえで、災害や事故を未然に防ぐ対策は不可欠です。生産ラインの停止による経済的損失や、従業員の安全確保を実現するためにも、BCP対策をしていくことが重要です。耐火性、耐震性、避難経路の確保など、持続的な工場運営に必要な建物のあり方についてご提案いたします。