金属加工工場(板金工場・プレス工場)

金属を材料として仕入れ、金属加工により部品を製造する工場です。板金工場やプレス工場もこれに含まれます。 加工に精度を要する製品の場合、土間の安定性や温湿度環境が重要になります。加工機械には機械基礎が必要になるものもあり、当初から機械基礎や搬入動線の計画を進めることが重要です。またプレス機械などは機械と基礎を含めた荷重に対する構造計画が必要であり、プレス機械が他の金属加工への影響を及ぼさないように振動への配慮が必要になります。

商品のポイントPOINT

高生産性を実現するレイアウト

金属加工工場における動線計画や機械設備のレイアウトの計画は、工場の効率性や生産性に大きな影響を与えます。また、扱う材料や製品の重量が大きくなるため、生産動線に合わせたクレーンなどの付帯設備の計画を同時に進めることが重要になります。生産品に応じて配慮する項目が異なるため、丁寧なヒアリングを基に、作業効率が最適化される設備配置を入念に検討し、最適なご提案をさせていただきます。

安全性の確保(BCP対策)

金属製品を製造する工場では従業員の傷災害や事故の報告が多く、リスクアセスメントが非常に重要になります。そのため、十分な作業スペースを確保した設計、適切な避難経路の設計、安全な作業環境を確保するための設備設計の提案をうけることが非常に重要です。

環境配慮(省エネ・ZEB化)

エネルギー効率を最大化する設計をはじめ、再生可能エネルギーなども取り入れ、持続的な工場運営を実現することは非常に重要となるため、ZEB化に向けた提案も積極的に行っております。また、周辺環境悪化を防ぎながら工場運営の経済性も担保するために、廃棄物の削減やリサイクル、省エネを実現できる最適な設備のご提案もいたします。

法順守

法順守

板金工場やプレス工場などの金属加工工場では、建築基準法だけでなく、労働安全衛生法、環境保護法など順守すべき法律が多くあります。また、地域ごとに定められている条例に準じる必要があります。法規制のなかでお客様の希望を実現する提案が可能な技術力のある会社に依頼することをおすすめします。