機械製作工場

機械製作工場は仕入れた部品や工場で加工した部品の組立を行い、自動車、航空機、工作機械、家電製品、工業機械、建設機器をはじめとした様々な、機械製品を製造する工場です。”仕入れた部品”や”各部門で加工された部品”で製品を組立てるため、中間品の置場も含めて動線計画が非常に大切になります。また、扱う部品や製品の重量が大きくなるため、生産動線に合わせたクレーンなどの付帯設備の計画を同時に進めることが重要になります。

商品のポイントPOINT

作業効率を最大化するレイアウト(導線・配置計画)

機械製作工場における機械設備やレイアウトの計画は、工場の効率性や生産性に大きな影響を与えます。工場内に収容される機械設備やその数は、工場の規模や生産ラインの種類、製品の種類によって異なります。また、製品の搬出動線についても車両の経路を含めて計画を行うことが重要になります。

製品特徴に応じた建物配慮

製品によって必要な配慮が大きく変わってくるのも、機械製作工場の特徴です。例えば、組立に精度を要する製品の場合、土間(床)の安定性や温湿度環境が重要になります。また、主要構造部が不燃材料で造られたものは、火災のおそれが少ないということで排煙設備が免除されています。そのため空調設備や金属製品に影響を与える太陽光の熱を遮るため、窓を設けない無窓工場とすることも可能です。このような製品の特徴に応じた建物設計の最適な提案が可能です。

環境配慮(省エネ・ZEB化)

エネルギー効率を最大化する設計をはじめ、再生可能エネルギーなども取り入れ、持続的な工場運営を実現することは非常に重要となるため、ZEB化に向けた提案も積極的に行っております。また、周辺環境悪化を防ぎながら工場運営の経済性も担保するために、廃棄物の削減やリサイクル、省エネを実現できる最適な設備をのご提案もいたします。

BCP対策

工場停止による経済的損失は甚大です。利益を最大化するためにも、潜在的なリスクを特定し、長く使える工場づくりをすることが必要です。持続的な工場運営を実現するためにも、最適な工場設計の提案をいたします。