医薬品工場

医薬品工場は、清潔な環境を保ちながらも、効率的な生産ラインを確保し、品質と安全性を維持することが求められます。そのため、衛生基準はもちろん、生産効率、品質管理、安全性、環境配慮を満たした建物である必要があります。特に現在ではほとんどの医薬品工場にGMP対応が求められるため、建設時には高度に専門的な知見が必要です。

商品のポイントPOINT

衛生管理

衛生管理が厳格に求められる医薬品工場では、建設計画の段階で、作業環境、適切な排水システム、換気システム、廃棄物管理システムを十分に検討する必要があります。また、生産品や生産工程に応じて求められる汚染区域設定は異なりますし、クロスターミネーションも徹底的に防止する設計提案をいたします。

GMPへの準拠

医薬品工場では、製造管理・品質管理の基準であるGMPに準拠する工場である必要があります。GMPの基準を満たすことに適した建物設計をすることで、工場の運営が非常にしやすくなります。弊社では生産品質を維持し続けるために、最適な医薬品工場の建設設計提案が可能です。

生産効率を最大化するレイアウト

医薬品工場における生産導線、機械設備などのレイアウト計画は、工場の効率性や生産性に大きな影響を与えます。そのため、丁寧なヒアリングを基に、用途に応じて生産効率が最適化されるご提案をさせていただきます。

環境配慮(省エネ・ZEB化)

エネルギー効率を最大化する設計をはじめ、再生可能エネルギーなども取り入れ、持続的な工場運営を実現することは非常に重要となるため、ZEB提案も積極的に行っております。また、周辺環境悪化を防ぎながら工場運営の経済性も担保するために、廃棄物の削減やリサイクル、省エネを実現できる最適な設備のご提案もいたします。